キウイXのつぶやき

今はスーパー戦隊関連、特にルパパト関連の呟きその他をまとめたり考察したりしてます。ルパパトのノエルのスピンオフについて二言目にはしつこく要望してます。

キラメイジャー13話感想: 宝路は昭和男子とかお宝と人助けとか情報量多すぎ

今回はいろいろ情報量多すぎでいつも以上にまとまってない(汗)。 冒頭、夜道を歩く女性を巨大なハエトリソウが襲う。直接的な描写こそないけど、だからこそ助けが入らないまま食われたんだなと、放り出されたままのバッグが物語ってる。 なんだかマジレンジ…

仮面ライダーゼロワン37話感想: いくらヘイトを集めても

アークゼロに完敗し、迅に庇われてその場からイズを連れて逃げる或人。 迅の「アークは人間を超えている」と言われて初めて人間の手に負えなくなったAIの力に恐怖する。 ・・・・う~ん。ごめん、時期的には最終決戦に至る前に主人公が今まで信じてきたものを信じ…

キラメイジャー12話感想: 空飛ぶドリルの新戦士キラメイシルバー

今回の追加戦士登場タイミングは12話。 6月頭にはCMと発売が本編に先行していたから、話数や順番とかは当初通りなんだろうな。短縮の影響はこの先の単発エピソードに起きるかもしれないってことか。あまり話数減らないといいな。今また首都圏の感染者が増え…

仮面ライダーゼロワン36話感想: レイドライザーを主婦が買える世界とか迅と唯阿さんの作戦失敗とか

本編本格再開。だけどなんだかツッコミどころも本格再開して感想も辛口めなのでご容赦を。 不破さんは記憶を書き換えられ死んだと思っていた家族が、実は生きていると知らされた。 でも会いに行くか迷った末にアイちゃんに背中を押されて遠くから確認しても…

キラメイジャー11話感想: 無限ループは苦難、恐怖、時々救い

予告でループ物だと知った時に、荒川さんだとジュウオウジャーの9話を思い出して、 「必要最低限の撮影で尺を稼げるからこんな時期の撮影再開1発目のエピソードとして最適だよな~、ここのスタッフさんはエピソードやネタの引き出しがめちゃくちゃ多いからそ…

仮面ライダーゼロワン35.5話感想:やっと新章始動でシンギュラリティポイントとか迅復活の謎とか

35.5話という中途半端な数字は、新章が動き出したけど実質は滅亡迅雷の総集編という扱いだからってことかな? 総集編では或人にアークのシミュレーションでイズの幻影を見せて彼女のふりをし、だけど時々なりきれずに崩れた口調混じりで或人からゼロワンの戦…

キラメイジャー「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」感想: 悪のシリアスボケなガルザさんとのほほんツッコミのクランチュラさん

実質総集編とはいえ敵幹部二人の可愛いデフォルメイラスト付きタイトルでこういうコーナーが作れてちゃんと面白いって時点で、ガルザもクランチュラも制作側が「2人とも視聴者に愛されていて、しかもどういうところが愛されているか」をちゃんと把握してるんだ…

自分のルパパトスピンオフ希望記事を振り返る(2): Google砲と「ノエル ルパパト 嫌い」

「自分のルパパトスピンオフ希望記事を振り返る」の後編。 ここでは、スピンオフを希望する活動の中で印象に残ったエピソードについて。 書いて良かった探しだの無理やりな自慢だのと言いつつ、例によって結構ネガ入っているのでご容赦を。 なお前編はこちら。…

自分のルパパトスピンオフ希望記事を振り返る(1): 下手な鉄砲数撃って

■応援してくれた方たちへ 1年前のブログ「ルパパト: ダブルレッドの足の下 ~ノエルが人間ではないこと…」などを振り返りませんか? 4月に、はてなブログからこんなメールが来ていた。 1年以上の長きにわたってブログを継続いただいているユーザー様を対象に…

キラメイジャー「キラトーーク! このバトルがスゴイ!!」感想: 邪面獣で楽しく予算に優しい巨大戦

キラトーーク!の2回目。今回は敵であるヨドン軍の構成とルールをきちんと解説していて、結構良いおさらいになった。 相変わらず今作スタッフさんのこの時期の有効活用っぷりが凄い。 戦隊のバトルは大きく等身大戦と巨大戦の2種類。 等身大戦を担当するのは…

キラメイジャー「キラトーーク!相方大好き魔進」感想: ピンチを逆手に補完しまくる制作陣凄い

アメトーーク!ならぬキラトーーク!(笑)。局同じだし。 総集編しか作れないこの期間を逆手に取って、先週の蔵出し未公開映像に続いて今作スタッフが繰り出すのは、ファイヤー達キラメイストーン達がそれぞれの推しもとい相棒のキラメイジャー達を愛情ダダ漏…

キラメイジャー 「1.2話未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP」感想: 為朝の覚悟、博多南さんの覚悟

1.2話を未公開映像と共に振り返る特別編。 ■1話 まずカットされてたのは、冒頭で初出動の召集がかかった黄緑青桃4人と相棒の石達とのやりとり。それぞれの簡単なキャラ紹介と関係性をチラ見せ。 年上組の相棒が、どちらも本業との兼ね合いを心配していたのが…

キラメイジャーエピソード0(TV放映版)感想: 博多南さんは自他の境界線が緩め?

新型コロナの影響で撮影がストップし、撮影済みエピソードのストックが尽きてきたということで、2月に「スーパー戦隊MOVIEパーティー」としてリュウソウジャーVSルパパトと同時上映された、「魔進戦隊キラメイジャー エピソード0」を一部加工してテレビ放映。 劇…

キラメイジャー10話感想: 年上組は追い込まれてナンボ

今回は時雨回。 屋上でマブシーナと小夜を相手にした真剣でキラメンタルを鍛える訓練にびびった。マブシーナの持った大根を斬った直後、小夜に触れる直前にキラメンタルをコントロールして刃を消す。1つ間違えたら仲間が真っ二つ(汗)。 この人達のメンタリテ…

仮面ライダーゼロワン35話感想: 唯阿さんが残念すぎる、滅亡迅雷復活は楽しみ、ここで休止は痛い

唯阿さんが不破さんの頭の中のチップから亡のデータを抜き出して別の個体で復元した。 蘇った亡は目が赤くてアークの意思のままにザイアスペックをハッキングした。 ザイアスペック着けた人達が暴れ出して、たぶん死者が出るまでには至らなかったろうけど、…

キラメイジャー9話感想: 瀬奈の疾走感とか真木埜の背景とかクランチュラさんの向学心とか

今回の邪面使は百人一首邪面。 クランチュラさんの、これから侵略しようとする星の文化や歴史をここまで細かく丁寧に学ぼうとする姿勢はどこから来るのか(笑)。 一見情熱とか知的好奇心とかとは無縁そうな感じがするのに、何万年も前に滅んだネアンデルター…

仮面ライダーゼロワン34話感想: 或人が許すヒューマギアの夢の範囲とか唯阿さんのやっぱり明日はどっちだ?とか

農業管理ヒューマギアのミドリ。 復活させて夢を聞いたら、これまで通り野菜工場長達の元で野菜を作ることだと。 やっぱり或人の夢や主張を逸脱しない範囲に収まった夢だな。ここで「私はもう野菜作りなんて嫌です。モデルになってランウェイを歩きたい。それ…

キラメイジャー8話感想: オラディンとガルザの兄弟関係の拗れとかそれを体現したキングエキスプレスの仕様とか

突然現れた白く輝く列車ロボが見えるのは、充瑠とガルザだけ、とここでまたこの2人の因縁を積み重ねてきた。 充瑠がまた気を失うとロボも消えたから、ロボは充瑠が生み出したか意識に紐付いているみたい。 その機を逃さずトドメを刺そうと襲いかかるガルザ。…

仮面ライダーゼロワン33話感想: 不破さんの過去の秘密とか唯阿さんの明日はどっちだとか

道具だと思っていた不破さんと彼の頭の中の亡に逆らわれ敗れた天津が2人を腹立たしく邪魔だと言うのは分かりすぎるくらいよく分かるけど、「不破を消せ」とは、具体的にどうやって消すつもりだったんだろう? これまでのザイア、天津のやり口を見ると、デイブ…

キラメイジャー7話感想: お帰りなさい竹本監督

ゼロワンに続いて三条さんサブライター登板。特撮での初起用は塚田PのWだったからその縁かな。 そしてキュウレンジャー以来の竹本監督復帰!長かったなあ。 なんでこんなに空白があったんだろう? ロボのギミックを魅力的に見せると言えば竹本監督というイメ…

仮面ライダーゼロワン32話感想: 不破さんの頭の中で夢を持つ

※或人が過去にいた飛電インテリジェンスと今の飛電製作所、どっちも<飛電>がつくから、表記を<インテリジェンス>と<製作所>に分けます。 今回或人に助けを求めて来たのは、ファッションモデルヒューマギア、デルモのマネージャー。 Instagramのフォロワーが5…

キラメイジャー6話: 小夜のメンタルとか戦隊内序列とか頑張れ時雨とか敵パターンの豊富さとかごちゃごちゃと

小夜は一見ふんわり癒し系だけど、「無理」とか「絶体絶命」って言われると、何くそと底力を発揮するタイプらしいのを冒頭の緊迫した手術シーンでまずはガチッと紹介。 追い込まれると目がキラ~ンとしてスイッチが入り活き活きし出すってタイプなのかもしれない…

仮面ライダーゼロワン31話感想: 製造責任とかヒューマギアと夢とかとりとめなく

あまり時間がとれずあれこれ考えがまとまらないのでとりとめなくざっくり。 イズが或人のために立ち上げた新会社は「株式会社飛電製作所」。 あの状況で突貫で立ち上げて株式会社でやっていけるんだ?株主は誰?みたいな部分は突っ込んじゃいけないのかな。 新…

キラメイジャー5話感想: 暴走孫バカ爺と大人な孝行孫だった

冒頭、eスポーツの対戦会場で簡潔でテキパキした指示でチームを統率する為朝。 言葉に曖昧さがなくて、指示を受けた人が迷わないんだろうな。前回「ネアンデルタール」か「ネアンデルタール<人>」かに細かく拘ったのもそういう意識から来てるのかもしれない。 今…

仮面ライダーゼロワン30話感想: ツッコミどころとわくわくと

飛電を買収した天津。 ヒューマギア事業を撤廃し、全てのヒューマギアの活動を強制停止。回収に応じた人には代替品としてザイアスペックを支給。 →ヒューマギアの不法投機が社会問題化(笑)。 ヒューマギア使えなくなってもザイアスペック要らねーよって人が…

キラメイジャー4話感想: クリスタリアにも光と影?

冒頭、瀬奈と何を揉めてるかと思えば、前日に倒した怪人が「ネアンデルタール邪面」か「ネアンデルタール<人>邪面」か、という呼称の問題。正解は為朝の言う「ネアンデルタール<人>邪面」なんだけど、彼が思いの他細かくてびっくり。 だけど、人とのコミュニケ…

仮面ライダーゼロワン29話感想: それでも「俺のルールで」 戦う不破さんと、或人の描写に差がありすぎる

不破さんの頭の中に埋め込まれたチップは、天津に仕えていた兵器開発のヒューマギアであり滅亡迅雷の一員だった<亡>の人工知能。 ヒューマギアは廃棄すべきという天津にもヒューマギアを使っていた時期があったみたい。 天津がヒューマギアを廃棄すべきと考…

キラメイジャー3話感想: ルールだからって割り切れない

時雨は密着番組を作って貰える程のアクションスター。改めてこの戦隊、こういう有名人、セレブの集まりなんだなと実感する。 時雨の他人に弱味を見せない美学全開っぷりに「時雨くんらし過ぎて」と楽しそうに笑う小夜。 なんとなく今回の戦隊は今のところ、ロ…

仮面ライダーゼロワン28話感想: 「俺がルール」だったはずなのに

不破さんパートがいよいよ動き出したのがワクワクして良かったけど、反面お仕事勝負パートが個人的に過去最高にキツかったんで、そっちは後でさらっと。 先に不破さんパートについて。 今回は不破さんの秘密が明かされて、頭の検査だけしてないとか、時々記…

キラメイジャー2話感想: ルールを守り勝って来た人、新たにルールを創る人

キラメイジャーの物語を進めるための基本構造や世界観をがっちり固めてきた回。このあたりは設定を作り込む塚田戦隊って感じかな。 まず赤石に選ばれたという理由だけで一番後から加入した最年少の充瑠がリーダーに指名される。 その直後に早速瀬奈が陸上競…